主張・政策

3期目4年間の通信簿

まちづくり  世界とつなぐ(まちづくり)

新松戸駅・松戸駅からの羽田空港直通バスを実現。

新松戸駅停車実現に向けて東側の区画整理準備の予算と調査費を計上。羽田空港アクセス線への接続は、議会質問で市が早期要望を実施へ。

ホテル等立地促進補助金が創設されるも、まだ実現せず。

地域活性化  世代と地域をつなぐ(地域活性化)

三世代同居等住宅取得支援補助金を実現。毎年好評で、3年間で約500件利用見込み。

年度当初3年連続待機児童0。今後は年度途中や3歳児以降の入所場所と保育の質の確保が課題。

周辺市と要望活動実施中。大臣誕生で期待大。

ICT最先端都市  ICT(最先端情報通信)技術でネットワークをつなぐ

議会質問で提案するもまだ実現せず。

議会質問で提案するもまだ実現せず。

財政

担当委員会で財源のあり方について政策提言。
(ふるさと納税返礼品開発、資産運用、公共施設再編に民間活力導入、資金運用、社会的投資の活用など)

試験日程の見直し等で、直近の新規採用事務職員の市内在住率が9.6%→50%へ向上。辞退率も75%→30%へ大幅減。

実現したい松戸の未来像

世界とつながる  全世代型福祉実現のための成長戦略

  • ・常磐線快速を羽田空港へ JR東日本が2028年頃の開業を目指す羽田空港アクセス線に常磐快速線を乗り入れ、新松戸駅への常磐快速線停車の実現、羽田空港と成田空港への直通バス増便。電車でもバスでも国際空港へ一本!!
  • ・外国人対策、多文化共生社会の推進 他言語対応・キャッシュレス化・Wi-Fi整備の推進
  • ・都市農業の推進 農業成長産業に。輸出や訪日外国人対応を支援。安全安心な農産物を使った製品が身近な場所で手に入る環境を整備。 暮らしに農業を位置づける。高齢者や障がい者、外国人など多様な人々が働く場として農地を活用。

地域と人がつながる  強くて優しい地域社会の包容力を強化

  • ・水害・震災対策、ハード面での整備と共にソフト面で災害種別ごとに避難場所・避難経路・備蓄を整備。避難するタイミングと場所を市民にわかりやすく明示。
  • ・地域で見守る防犯活動を支援。電源や防犯カメラなど安全な公園を整備。児童虐待防止。
  • ・地域で支える医療介護、地域包括ケア・在宅医療介護の更なる充実
  • ・家庭ゴミの戸別収集の実現などでゴミ減量、新規建設が必要なクリーンセンターは最小限に。

未来につながる  健全な財政を維持し人づくり革命に投資、「あれもこれも」から「あれかこれか」へ

  • ・教育・保育の無償化と少子化対策のため、人材と財源の確保
  • ・税金だけに頼らない、新しい発想で稼ぐ松戸市へ
  • ・先端技術を活用した働き方改革と生産性向上、市役所業務の省力化と接遇向上

最新情報発信中!!

杉山よしひろ Twitter 杉山よしひろ 公式Facebookページ 杉山よしひろ LINE@

事務所連絡先
杉山よしひろ事務所

〒270-0034 松戸市新松戸6-70 サンライトパストラル弐番街D-212
TEL: 047-344-7841 FAX: 047-344-7847
E-MAIL: info@genki-ippon.com

貴重なご意見お待ちしております!